BLOG

2023年4月7日

脳眠時間~簡単な認知症の予防~

カテゴリー:健康,至福の時間

良質な睡眠をとることは、身体的・精神的な健康に直接関わっています。忙しい現代社会において、多くの人々がストレスや不規則な生活リズム、スマートフォンやパソコンなどのデバイスの使用などによって、十分な睡眠を取れなくなっています。例えば、「動画をみてたら、もう朝方になっちゃった」、パソコンやスマホの光、空調のある生活などで、副交感神経の乱れで眠れないこともよくあります。

睡眠不足や質の悪い睡眠は、日中の集中力や判断力が低下するだけでなく、心身の疲れ、ストレスの増加、免疫力の低下、肥満や生活習慣病のリスクの増加など、様々な健康問題を引き起こす可能性があります。

睡眠中体に何が起こっている?

睡眠中には、身体の細胞や組織が修復や再生を行い、免疫機能を強化するためのホルモンやタンパク質が分泌されます。体内のエネルギーを補充するためのホルモンも分泌され、翌日に備えて体力や気力を回復することができます。また、脳も睡眠中には休息をとり、情報の整理や記憶の定着などのプロセスを行います。これが認知症の予防に大きくかかわっています。

アミロイドβ

最近の研究によって、認知症の人の脳の中でアミロイドβが過剰に蓄積されています。アミロイドβは、主に脳内に蓄積するタンパク質の一種です。正常な場合には、脳の神経細胞の機能を維持するための役割を果たしていますが、脳内に過剰に蓄積すると、神経細胞をダメージし、神経細胞の死亡につながることが知られています。

アミロイドβが過剰に蓄積することで、アルツハイマー病といった認知症の原因になると考えられています。過剰なアミロイドβが脳内に蓄積するメカニズムには、脳内のアミロイドβを分解する酵素の働きが低下することや、アミロイドβを排出する仕組みがうまく機能しないことなどがあげられます。

アミロイドβに関する研究は、認知症の予防や治療のために重要なものとされています。近年では、アミロイドβを分解する薬剤の開発や、アミロイドβを排出する仕組みを活用した治療法の研究が進められています。

アミロイドβと睡眠

 近年の研究により、アミロイドβの蓄積は、睡眠不足や睡眠の質の低下と関連しているとされています。実験的に、長期にわたる睡眠不足のマウスでは、認知機能の低下やアルツハイマー病のような病変が誘発されることが報告されています。

 睡眠中には、脳内のアミロイドβを排出する仕組みが働いていることが分かっています。この仕組みは、リンパ管系と呼ばれる脳内の液体が循環するシステムによって行われます。睡眠中には、リンパ管系が活発に働き、脳内のアミロイドβを排出することができるとされています。

睡眠はアミロイドβの蓄積を防ぐために非常に重要であると考えられています。良質な睡眠を取ることは、認知症予防や健康維持のためにも重要です。

当店のおすすめメニュー

【むくみすっきり至福脳眠時間♪】ヘッドスパ+上半身アロマリンパ 90分

頭痛/巻き肩/猫背/首肩コリ/全身疲労にも☆ヘッド~首肩+デコルテ+腰+背中肩甲骨

【リンパマッサージ】アロマトリートメント 100分

人の身体にとって不要な異物や老廃物を集め、排出を促す施術で、全身の血流の滞りを促し、たちまち細胞の生命は回復し、肌の奥から美しさが蘇る!オーガニック認定アロマオイル6種類選べます♪
この記事をシェアする